大阪府公立高校入試合格への道

現役学習塾長が大阪府公立高校入試や教育について、いろいろ発信します。

勉強したつもりになってない?それ勉強じゃないからというお話

勉強に限りませんが、何かを身に付けるということにおいて大切なことは何か考えてみます。

一生懸命、問題を解くことが一番大切でしょうか。

はたまた、とてもわかりやすい授業を受けること?

机に向かう時間を長くすること?


しかし、これら一つ一つ自体は、全くの本質的な考えではないと思います。


生徒達を見ていると、なにやら問題を一生懸命(おそらく)解いていることが多いのですが、その勉強が効果的に働いていない気がして、よく指導をします。

7つの習慣』で言うところの「重要事項の優先」、または「歯を研ぐ」あたりを考えさせる話をします。

一生懸命問題を解いたところで、それが自分の目標達成に効果的でないと、徒労とまではいいませんが、思ったような効果は上がりません。


また、わかりやすい授業を受けること自体も同じようなことが言えます。

わかりやすい授業は「参考にはなる」程度の役割しか果たしません。

それで、重要なことは何かと言えば、自分でやって考えて読んでみることなのです。


持論ですが、誰かに説明されることというのは「本の内容が動画再生される」こととほぼ変わりありません。生の講義ですと、本と違い見返すことができませんので、自分の理解不足のところまで戻って試行することが難しいですね。また、内容が難しいと尚更、その講義が自分のためにならず、なんとも時間の浪費になるわけです。
全ての指導者が講義内容を動画化したり書籍化したりしてくれれば、それを自分のペースで再生して理解を深めることができますから、生徒達にはありがたいことだと思います。

話が逸れましたが、つまり、わかりやすい授業もそれ自体は素晴らしいものかもしれませんが、受講者が血肉にできないと意味がないわけです。

指導者として若いうちは、いい授業を提供しようと思い奮闘すると思いますが、それで結果が出ずに落ち込む人も多いです。いい授業をしても伸びない子は伸びないので道理ですよね。


机に座っている時間の長さも、結局、時間が長いだけで自分の能力が上がっていなければ意味がないわけです。



では、いい勉強ってなんなのでしょうか。


思うに、上記の方法などを組み合わせて「自分の能力を上げていくことに効果をなす取り組み」のことではないでしょうか。

つまり、いつでも再生できる知識や技能を身につけることです。

場所は別に机でやる必要もないのです。

何もない状況で、スラスラと覚えたことを再現したり、問題の説明ができたりすることができるようになれば、なんでもいいわけです。


どんだけ一生懸命やっても、時間をかけても、そんなことを評価されるのはせいぜい小学生までで、中学生以上は能力アップに繋がる取り組みをして、初めて『勉強してる』と言ってやりたいところです。

勉強したつもり問題は学年問わず気になることなので、書いてみました。

コロナウイルスへの対応に表れる日本の国民性

日本人は建前を大事にする風習があります。

廃れていっている文化もありますが、形だけ取り繕うことに長けています。

和を尊び、本音ではなく体裁を優先する。

そのおかげで暴動などの過激な行動はないにしろ、平和ボケが過ぎたり、行動力のなさが目立ちます。


今回のコロナウイルスの一件でも言われていますし、かのカルロス・ゴーン氏にも指摘されたことですが、決定が遅く行動も遅いため、後手に回ることが多い。


話が逸れましたが、今回、日本人がいかに建前を優先し本質的なことを見ようとしていないかがわかったように思います。

3月28日現在の状況を見る限り、日本は他国に比べ、とびきり認識が甘いわけですが、その理由は、「周りにどのように思われるか」を優先し「何のために行動せねばならないか」を考えていないからに他ならないと考えます。


まず政府は、経済政策として使用方法を限定した金券の発行を考えているようですが、それは本質的ではないように思います。現金をばら撒くことが下品とでも考えているのでしょうか。
それとも、今まさに肉や魚の関係業者のみが逼迫していると認識しているのでしょうか。
はたまた、これを機に、ついでに国産農水産物、畜産物を盛り立てていこうと考えているのでしょうか。

いずれにせよ、政治の劣化を感じざるを得ない判断だと思います。


また、国民においてもそうです。
日頃から会食を行ったり私的に集まったり、外出禁止令が出ている諸国とは全く異なった生活をしているわけですが、これも本質的なことを蔑ろにしている結果だと思います。

少し自粛したのかもしれませんね。
しかし、自粛に飽きたのかもしれません。
そろそろコロナの騒動もおさまると思っているのかもしれません。

どうしてそのような理解になるのかわかりませんが、国全体がそのような認識を持っていそうな雰囲気があります。


「しばらく我慢したから少しくらいいいじゃないか」と。
そう思っている日本人は多そうです。


一体、今なにが重要なのでしょうか。
花見をすること?はたまた、自粛すること?

たしかに、どれもこれも、快適な生活を送る上で欠かせないことかもしれません。

しかし、今世紀最大の、地球規模で騒動となっている感染症に対しての行動は、自らの快適な生活を求めることよりも世界の人々のことを考えて行うべきであるはずです。

経済活動を止めてはならないから自粛をしないという選択も、一つの選択かもしれません。
しかし、それは熟慮を重ねた結果としても許されるかどうかというレベルなわけで、
よく考えもしない私利私欲の身勝手な行動は絶対に許されないと思います。


自粛の要請などと甘いことを言ってないで、さっさと強制できるステージに移行すべきです。


身勝手な日本人の行動について思うことがあったので書き留めさせてもらいました。

英語が苦手な子は何から始めたらいい?文法的理解は要りません。

・日本語にない発音がある
・そもそも文法も違う
・小さい頃から英単語になじみがなさすぎる

日本人が英語を苦手とする理由は数多くあると思いますが、それにしたって苦手すぎるだろ・・・と思うことが多々あります。
英語は数学とともに、中学生の苦手科目のトップ2に君臨するのに異論はないと思います。

f:id:zanetan:20200325234100g:plain
ベネッセ教育総合研究所より

今回は、塾の先生が英語が苦手な子の頭の中を推察してみました。




英語が苦手な子の共通点

英語が苦手な子は、そもそもどんな特徴があるのでしょうか。

たとえば、数学であれば「計算が苦手」とか「立体が想像できない」とかありそうですよね。

国語もそんなに得意じゃない

英語が苦手な子は、長めの文章を読んだり国文法をわかってなかったり、国語の教科でも難を抱えていることが多いです。

もちろん全員ではなく、国語ができて英語が苦手という子もいるにはいます。

しかし、英語で必要なのは「いろいろな事柄を言語化する」という力ですので、そもそも母国語がしっかりしていないと理解するのにも苦労するわけです。

よく『英語を英語のまま理解する』なんてことを聞きますが、今の日本の英語教育のやり方では、日本語を経由する人がほとんどであり、

その日本語があやふやな状態で外国語を学んでも、どちらの言語力で躓いているかわからないものです。

英単語に慣れてない

これは暗記してなんとかなる部分もあると思いますが、それまでに生きてきた人生で、どれだけ英語に触れてきたかも関わるような気がします。

どんなことにもいえることですが、まったく知らなかったことを一から覚えることの労力と、なんとなく知っていることを覚え始める労力は、前者の方が何倍も大きいわけです。

それまでの人生で英単語を多く知っていれば、英語の勉強を始めたときに出てきた単語を覚えることはたやすいかもしれません。

対して、英単語に触れてきた密度が小さい人は、単語1つ覚えるのにも一苦労でしょう。

これは、どんな科目にも言えることではありますが、「英語の勘が悪い」ということになります。

覚えることを軽んじる

誰が悪いかわかりませんが、「社会は暗記科目」「国語はセンス」などいろいろな先入観を子どもたちは持っています。

そして、英語についても、大人からすると文法がわかっているかどうかで子どもの能力を測ろうとするのですが、

英語が苦手な子の大多数が知識不足により問題に正解できていない事実があります。

英単語の件でも書きましたが、英単語に慣れていない子が英語を覚えにくいのは仕方のないことです。

しかし、その事実と英語の知識を増やしていけるかどうかは全くの別問題です。

英語では、知識の量を増やしたものが勝ちます。

英語が苦手だと言っている子は、そもそもそんなに英語を覚えようとしていないことが多いです。

女子の方が英語が得意?

よく、脳みその作り的に、女子の方が言語学が強いと言われますよね。

専門的なことはわかりませんが、確かに、塾でも女の子の方が英語が得意な子が多いように思います。

これは、男女の性質に関わるのかなと思います。

日本は男女平等の仕組み作りにおいて、先進国に大幅な遅れをとっています。

未だに「男子はこうあるべき」「女子はこうでなくちゃ」という固定概念が人々を縛り付けています。

その中で、「男子はずぼらでもいいが、女子はきちんとしなきゃダメ」という考えもあるかと思います。

それが当たり前になっている女子を取り巻く環境が、女子を早い段階でしっかり者にさせがちだと感じます。

全員が全員、うまくやっているわけではありませんが、取り繕わなければ周りから浮くわけですから、

女子はしっかりやろうとするのです。たとえそれが、中身がなく形だけであったとしても。

男子は多少いい加減でも許されてしまいます。


先述したように、英語では覚えることを重んじる者が勝ちますが、女子の「きちんとしないといけない」という性質が、

英語の理解に役立っているのだと感じます。

これはあくまで傾向であり、必ず男女がそうなっていると保証するものではありません。

しかし、女子の英語の呑み込みの良さ、男子の数学へののめり込みの深さをみると、脳みその作り以外にも、その性質が影響しているように感じます。

英語が苦手な子は何を考えて解いている?

英語が苦手な一番の理由は、単語や文法の知識不足にあると思いますが、そのような状態の子ども達は、いったいどのような思考で学校の授業を聞いているのでしょうか。

指導してきた生徒の様子から推察するに、まず、学校の授業は、もうすでにほとんどわかっていません

学校の授業で扱う単語量や文法のペースは、彼らの能力を大幅に超えているため、もう学校の授業に追いつくことは並大抵の努力では不可能なのです。

中3でも、中1の5月の理解で止まっている子もいます。

つまり、学校の授業やテストで、何を考えて解いているかというと、「自分の経験を思い出して勘で答えを書いている」か「単純に勘で答えを書いている」わけです。

大人たちには驚くべき事実だと思われそうですが、彼らなりに考えています。

たとえるなら、私たちが習ったこともないスワヒリ語のテストを受けた際に、どう解くかと言われれば、読んでわかるところだけ探して、あとは勘で答えを書くはずですよね。それに似たような状態なわけです。

「そんな馬鹿な。スワヒリ語は習ったことはないとしても、英語は毎日授業を受けているじゃないか」

そんな声が聞こえてきそうですが、置いてかれた中学生にとって、そんな英語の授業はあまり意味がないのです。

日が経てば経つほどわからなくなっていき、たとえ偏差値50以上の高校に進学していたとしても、英語がよくわからなっていないまま中学を卒業する子も多いと思います。

英語が苦手な子を救う手立てはあるのか

それは、戻るべきところまで戻って、知識を増やしてあげることだと思います。

決して文法的理解が絶対なわけではありません。

小学校低学年で英検をバンバン取得している子が、不定詞や比較などの文法的理解がしっかりできているとは思いません。

そんな理解がなくても、英語は読めるし、問題は解けるのです。

それはなぜかというと、

形を知っているからなのです。

小さい頃に日本語が使えるようになったのと同じ

私たちが日本語を使いこなせるようになった時のことを考えてみましょう。

主語や述語、体言、用言、修飾語なんて言葉を教えてもらいながら使えるようになったわけではないですよね。

言語は「こういう時はこのフレーズを使う」「これは〇〇と呼ぶ」と、思いや事柄を表現するツールなのです。

つまり、表現パターンをたくさん知ることで、使いこなせるようになっていくわけです。

大事なことは文法的に難しい理解ではなく、どれだけ言い回しを知っているかなのです。

簡単なことから知識を増やそう

中高生問わず、今、英語で困っている人は、とりあえず小中学生用の基本教材まで戻って、一から読み直してみましょう。

基本教材がなければ学校の教科書でも構いません。インターネットでも勉強できるサイトはあります。

そして、短い文を丸々覚えていきましょう。

日本語で、謝るときは「ごめんなさい」初めて挨拶するときは「はじめまして」と言うように、

【そういう風に言う】というパターンを蓄積させていきましょう。

まずはそこからでいいです。というか、それが一番大事なのです。

【大阪府公立入試対策】中3で英検2級は取るべき?英検取得のアドバンテージがすごいという話

大阪府公立入試では英語のみ、外部検定テストである一定の結果を取得している場合、入試の科目得点を保証する働きを持ちます。

もちろん、権利があっても利用しないという選択もできますが、この換算率がすごいのです。

以下、大阪府教育委員会からの引用となります。

外部検定テストとの連動性

(参考:【大阪府立高等学校の英語学力検査問題改革について】 換算表より)

TOEFL iBT IELTS 英検 読み替え得点率
60点 6 準1級 100%
50点 5.5 (対応無し) 90%
40点 5 2級 80%

注目すべきは英検2級で80%換算です。

これがどれくらいすごいことなのか説明したいと思います。

f:id:zanetan:20200324003814j:plain

C問題英語の難しさについて

英検2級を取得している人には入試の英語得点の80%を保証するという仕組みがどれくらいすごいのか説明します。

そもそも80%ってどれくらいの点数かというと、100点テストで言えば80点、大阪府公立入試では90点満点なので72点となります。

大阪府公立入試では、国数英の3科目のみ、A・B・Cの3段階の問題に分かれる話は以前書きましたが、

www.zanetan.info

2級取得のメリットが一番大きいC問題を例に挙げて話を進めたいと思います。

C問題英語はリスニング問題の配点が30点、筆記問題の配点が60点となっています。

リスニングも筆記も、それぞれ最後の1問(英語記述問題)以外にはすべて選択肢問題になっていますが、その難易度は中学校実力テストレベルを優に超えます。

定期テストで平均80点を取るようなレベルの子でも、C問題で半分の点数を取ることは非常に難しいのです。

その証拠として

C問題英語 年度別平均点

(参考:【大阪府公立高等学校入学者選抜学力検査(一般入学者選抜全日制の課程)における府立高等学校合格者の学力実態調査】より)

入試年度 平成31年 平成30年 平成29年
平均点(割合) 51.7% 56.6% 58.9%

C問題を受験している子ども達の得点平均が60%を超えていません。

C問題を採択している高校は、どのような模試を利用したとしても偏差値55は超えるレベルです。

その高校を受験するようなレベルの高い子達でも平均が60%を超えないわけです。

C問題英語がどれほど難しいかわかっていただけるでしょうか。

80%確定の価値

しかしながら、こんなに難しいC問題英語でも、英検2級を持っていれば80%の保証がつくわけです。

平均割合よりも20%以上のプラスが確定した状態で、4科目の勉強に力を注げるメリットはかなり大きいです。

点数に換算すると平均より18点プラスの状態。(倍率がかかるので実質もっと大きい点数になります)

正直、C問題採択校の下位レベルを受験するとしたら、英検2級を持っている時点でほぼ合格が見えていると言ってもいいくらいだと思います。

英検2級取得とC問題8割得点を比べるならどっちが難しい?

これについては断然C問題8割得点だと言えます。
それぞれの特徴は以下の通りです。

英検2級 C問題
特徴 単語・文法のレベルが高校修了程度。そのため、もちろん通常の中学英語レベルでは歯が立たない。また、面接試験では多少の英会話能力が必要。しかし、英単語の勉強量次第では中学生でも対策可能。対策教材も多く販売されており、何度も受験するチャンスがある。 筆記問題の制限時間が35分と短く、その割に読解しなければならない量が膨大。文法問題もかなり難しい。英単語は大阪府教育委員会が指定した英単語リストに限定されているが、とにかく注釈をつけまくるくらい、難しめの単語が多い。英作文のレベルが高く配点もそれなりに多い。リスニングが25分と長め。

チャンスの多さ、そして英単語力でカバーできるレベルの問題の易しさが英検のメリットです。

C問題はその難しさもさることながら、短時間で膨大な量を処理する能力を試され、しかも英作文も難しいという難点を抱えています。

早めに計画を立てておけるのであれば、断然、英検2級取得を目指すべきです。

やるなら中1から

中3で英検2級取得を目指すなら、中1の段階で英検3級、中2で英検準2級を目標に勉強を進めるとよいでしょう。

中2から始めても難しいと感じます。

その理由としては、3級と2級との間には大きな英単語力の壁があるからです。

英単語を和訳する力が強く求められるのですが、その力を養いながら文法理解もしようとなると、中2の1年間では短いように感じます。

せめて、中1の段階で中3レベルの単語力・文法力を身につけて、

中2の1年間をかけて準2級・2級の壁をよじ登るイメージで勉強を進める必要がありそうです。

英検は市販教材が充実していますので、自分に合ったものを探して利用してみるとよいでしょう。

おすすめ教材シリーズ

でる順パス単

どう考えても一番のおすすめは『でる順パス単』です。

英検は圧倒的単語力でほぼ合否が決まります。(ほぼです。合格にはちょっとの文法要素も必要)

そのた力をつけるためにはレベルに合った単語帳を利用するのがよいでしょう。

ちなみに、2級を受けるからといって2級の英単語帳だけを買うのはおすすめしません。

なぜなら、それより下の級の英単語力さえ身についていない可能性があるからです。

多少お金はかかりますが、自分が完璧ではなさそうな単語帳から始めてみてください。

圧倒的単語力がものを言うのは間違いありませんので、基礎からしっかりと身につけていきましょう。

ひとつひとつわかりやすく

ひとつひとつ系も非常におすすめです。

英語は予習を進めるのが難しい科目です。(理科や社会は比較的簡単)

そのため、できるだけ初学者でも取り組みやすい教材を選択する必要があります。

ひとつひとつ系はどの科目も、とても基本的なことから書かれているので、予習に最適な教材といえると思います。

ただし、これもでる順同様、自分の理解にあったレベルからスタートさせてください。

2級を目指していても、3級の文法が怪しければ、ちゃんと3級、もしくは4級から勉強をスタートさせましょうね。

つまり言いたいこと

大阪府でいい公立高校に行きたいなら、英検2級を早めにとってしまいましょう。

ということです。

中1の段階でこのような発想をすることは難しいでしょうから、この記事を読んでくださっている保護者様にお伝えしたいです。

英検2級取得に本気を出したものが、現行の公立高校入試を制するはずです。

※尚、A問題およびB問題を採択している高校に関しても英検2級取得のメリットはありますが、英検2級をとれる根性があるのであれば、ぜひともC問題採択の上位校を目指してくださいと言いたいです。

終息が見えない不安の中で

https://www.bbc.com/japanese/51957399

素人があれやこれやと拡散している情報より、省庁が発信している情報をまず第一に確認すべきですよね。
メディアの情報も今回の対策については意見が分かれていましたので、リテラシーが問われるところですが、比較しながら見極めるしかないです。

少なくとも21世紀に入ってからは最大級の恐慌となりそうで、そちらが非常に心配です。

かといって、身勝手な誰かの命が危険に晒される可能性があることを考えると、経済優先で動くことを選択するのも難しいです。

ニュースを確認してわかる通り、新型コロナウイルスへの日本の対応は諸外国と比較すると甘いといったところなのでしょうが、実際の感染者数が明らかでない以上、もはや対策がうまくいっているのかどうかは定かではないですよね。

死者数の判断基準は世界基準があるのか

とはいえ、人口に対して死者数が多く出ていない以上は、感染の広まりは置いておいて、少なくとも死者数を抑えられているのではないかという推測は立ちます。
しかし、死者数のカウントは本当に正確なのか、そこすら疑問に思えてくる自分がいます。
亡くなってなければいいというわけではないですが、死者が少ないに越したことはありません。
本当に発表通りの死者数なのであれば、よく抑えられている方だと思ってしまいます。

終息が見えない不安

正直、このままの状況が続くと経済打撃が大きすぎて五輪どころではないように思います。全国民が不安で、これから苦しい状況を乗り越えることになるでしょう。
終息がいつになるかわからないからこそ、ストレスを発散させたくなっている国民は多いと思います。しかしながら、先述したように、身勝手な行動で誰かを危険に晒す可能性があることを想像しながら、今はまだ外出等は控えることが重要だと思います。